agaは予防が決め手!?初期症状を確認したらするべきこと


agaの初期症状に抜け毛がある

agaの初期症状を見極めることが、今後のボリュームを維持する秘訣です。最もわかりやすい自覚症状は抜け毛の増加で、抜け毛が高止まりしている状態には注意する必要があります。夏から秋にかけては紫外線や高温多湿などの影響もあり、抜け毛が増えるのは一般的です。この症状はagaとは何ら関係ありませんが、抜け毛が増えた状態が長期的に継続し、数か月経過しても減らないのであれば注意してください。

agaは男性ホルモンが作用する薄毛であり、体質検査ではagaかどうか判断することはできません。agaの診断をするためには、薄毛の状況を見極めるしかないのです。生え際が上がってきている、合わせ鏡で頭頂部を見たらゴルフボール大の薄毛があった、などの自覚症状がある人はagaを疑ってください。

agaの対策で予防が重要な理由

agaは医療機関で適切な治療を受ければ改善できる時代になりました。5α還元酵素を阻害する治療薬を使用し、ヘアサイクルを正していくのが基本治療になります。それほど症状が進んでいないのであれば、予防をして進行を止めましょう。aga対策は髪を増やすことに加えて、減らさないことが要になります。髪が大きく減ってしまうほど、元に戻すのに多くの時間がかかるからです。

aga予防において大切なのは、頭皮に合ったシャンプーで1日1回の洗髪をすることです。洗髪は汚れを落とすことに加えて、理想的な頭皮状態に整える役割があります。3,000円クラスの育毛シャンプーになると、頭皮に刺激となる成分が少ないものが多く、抜け毛を抑えるために役立つでしょう。

agaを札幌の医療機関で治療すると、医師のサポートを受けているという安心感が何よりのメリットとなるでしょう。