自分に合ったやり方選びの参考に!医療脱毛と自宅脱毛の違いとは


医療脱毛と自宅脱毛のそれぞれの特徴とは

医療脱毛は、その名の通り医療機関でおこなう脱毛のことです。自宅脱毛は、家庭用の脱毛器を購入し、セルフ脱毛をおこなっていきます。この2つの大きな違いは、脱毛器の出力パワーです。医療脱毛では、専門の知識や技術を持った医師が施術をおこなうので高い出力のレーザー扱うことができ、高い脱毛効果を得ることができます。一方、家庭で使える脱毛器は素人でも安全に脱毛できるよう、出力などが大幅に落とされています。

医療脱毛が向いている人は

医療脱毛が向いている人は、徹底的にムダ毛を除去したい人です。永久脱毛と呼ばれるほど効果が高い脱毛がおこなえるのは、医療脱毛のみです。家庭用脱毛器では、毛を薄くしたり、生えるスピードを遅くしたりすることはできますが、永久脱毛はできません。効果の高さを求めるならば、医療脱毛を選んだ方が良いでしょう。また、医療脱毛ではムラなく全身のムダ毛を処理することができます。そして医療機関ということもありアフターケアも充実しているので、安心・安全にキレイな肌を目指したい人は、医療脱毛がおススメです。

自宅脱毛が向いている人は

自宅脱毛が向いている人は、脱毛にあまりお金をかけたくない人です。機器に備わっている機能やブランドによって異なりますが、大体4万~7万円ほどで家庭用脱毛器を手に入れることができます。一医療脱毛で全身脱毛をする場合、トータルで30~40万円ほどかかってしまいます。安い費用で脱毛に挑戦したい、そんな人は自宅脱毛がとてもおススメです。また、自宅脱毛は家庭用脱毛器さえ手に入れれば、後は自分の好きなタイミングで脱毛できます。プライベートが忙しくてお店に通う暇がないならば、自宅脱毛が向いていると言えるでしょう。

夏が来てしまう前に本当のキレイを目指すなら、仕事帰りやショッピングの合間に医療脱毛を銀座でするのがおススメです。